今週を振り返って。

皆様、こんにちは。

これまで毎週末に戦績を詳細にご報告させていただいていたのだが、取り急ぎ今週末から細かい戦績の報告は控えようと思う。すでにこの場で戦績を報告をする義務からは免れているし、ツイッターのプロフィールでも、「収支は約1か月毎に公開」と記載しているので、ご容赦願いたい。


~実は12日(金)に、業者Yから何の予告もなく、「新規建玉機能を制限」をさせられてしまった。同時にメールにて通知があったのだが、さらに良くないことに出金までできない状況となっている。キャッシュバックも没収されるそうだ。生活リズムを崩してまで頑張った努力がすべて水泡に帰した。世の無常を感じる。

1月に引き続き、10日(水)、11日(木・祝)と立て続けに営業の電話があり、留守電のメッセージを聞く限りでは、毎度おなじみキャッシュバックキャンペーンの案内だったように思われる。(今となっては、電話をかけ直して用件を確認しておけばよかったか、とも思っている。)ならばとトレードをしたのだが、その翌日には新規建玉機能制限だと!?手のひらを返すようなこの仕打ち。部署が違うのだろうが、人として良心が咎めないのだろうか。この会社で働く方々はきっと気苦労が多いに違いない。

さて、この「新規建玉機能制限」というものが具体的にどういう措置なのかということはメールにはほとんど記載がなく、出金についても制限をさせてもらった、という事実だけが記載されており、今後どのようにすればよいのかという記載もない。

業者Yが「悪魔の業者」であったことは以前から十分承知はしていたが、今回は業者Yの利益にかなり貢献させてもらっているという自信があり、業者Yの思惑も見えているつもりだっただけに、お咎めはまずないだろうとタカを括っていたのだが、大きな見込み違いであり、昨日は相当なショックを受けてしまった。

この事実に気が付いた時にはすでに営業時間を過ぎており電話での遣り取りができず、取り急ぎメールにて今後の対応について質問を出しているが、週末なので当然の如く返信はなく、出金については、出金依頼を出すと、制限がかかっているというメッセージとフリーダイヤルの電話番号が案内されており、週明けに電話をする以外にはなさそうだ。さしずめ、本人確認か何かを要求されるのだろうと思う。犯罪を未然に防止する目的だとは思うが、とんだとばっちりを受ける格好となった。

そもそも発注されて困るようなレートを提示をしなければ、このようなことにはならない。自分達の不当な利権を邪魔する輩を排除し、自分達だけが甘い汁を吸い続ける。そのような対応を取り続けるから、「代打ち」をしようとする輩が後を絶たないのだ。自分達が犯罪の温床を作っているということに気が付かないのだろうか。いや、分かっていてあえてやっているのだろうと思う。こんな業者ばかりでは、FX業界は今後衰退の一途を辿るのは目に見えている。いよいよ、顧客も選ばれる時代になったようだ。


~しかし、業者Yがここまで酷い業者だったとは、正直に申し上げて私の想定をはるかに超えていた。なんと器の小さい業者なこと。器が小さいのは海外FX業者も同じだが、「ボーナス狙いは禁止」とか、「ゼロカットを利用した両建ては禁止」とか、「一度に100万通貨以上の発注をする場合は、事前にメールにて連絡をすること」とか、出金できる条件はかくかくしかじか…とか、具体的にルールを明示している分だけマシなようにも思えてくる。それと比較して、国内FX業者の約款は実に曖昧な表現でごまかされており、「はっきりダメなものはダメと言え!」と思う。

私が自由億ぐらい持っていたら…、損得勘定や労力は抜きにして、こういった国内FX業者に対しては提訴して公の場にさらし、司法の判断を仰ぎたいものだが、悲しいかな、今はそこまでの経済力と時間がないのでそれはできない。業者Yは先代の時に何度か提訴されているようだが、いずれも裁判の途中で経過が分からなくなっている。おそらくは和解の条件に、実態を公の場にさらしてはならないといった条件が盛り込まれてしまっているのだろうと推察しているが、真実は私には分からない。だが、私自身がこのような対応を取られ、業者Yが取るに足らない業者であることはよく分かった。(もちろん、業者Yにとっても私は客ではないのだろうが…。)


~業者Yからの対応の影響で、今は自分で勝手に人間不信に陥ってしまっていて、何もかも信じられない心理状況になってしまっている。

インターネットが進化し、破格に安い取引コストでトレードができる良い時代になったとは思うが、反面、顔の見えない業者とレートパネルだけを通じて取引をしているわけで、そういった証券会社やFX業者に大金を預けるのもどうなのか…という気持ちになってしまった。よくよく考えてみたら、電話はおろか、メールですら遣り取りをしたことない証券会社やFX業者の何と多いことよ。これはちょっと一旦頭を冷やしてよく考える時間を作った方がいいかもしれない。

業者側の求めている顧客層は実際に自分が身銭を切って取引してみなければ見えてこないし、見えてしまってからでは手遅れといったことが多い。国内FX業者に過度な期待を持っていたのだろう。


~そもそも、私が株の世界からFXの世界に足を踏み入れたのは、為替の市場規模の大きさに魅力を感じていたからだった。それがどうだろう?確かに為替の世界はとてつもなく広いのは事実だが、それを取り次ぐ店頭業者の規模が余りにも小さく、完全に夢を打ち砕かれる格好となってしまった。これなら、まだ株の方が取引規模も大きいし、何より健全だと思う。

株のことはほとんど知らないので、単なる希望的観測に過ぎないかもしれないが、株はFXより歴史が長く、法律によって、やってはいけない行為が具体的に明示されている。そして、市場に共通の「板」が存在していてレートが明確であり、業者の収益は手数料に依存する体制が整っている。だから証券会社もレートを操作しようとはしないし、そもそもレートを操作するメリットがほとんどない。株とFXとの違いはここ。FXは業者の収益構造が業者毎にマチマチだから、各FX業者毎に思惑がズレていて、複雑な駆け引きや競争を生み出している。だからこそ、私のストラテジーが通用するのだが、手に手を取り合えるFX業者と巡り合えることは本当に少ない。

私の個人的な感覚では、毎月取れる顧客からの手数料が仮に運用資産の0.1%だったとすると、1000万円の資産を運用する人からとれる手数料は毎月1万円。1億円を運用する人から取れる手数料は単純計算で10倍になり、毎月10万円。大口を捕まえておいた方が儲かる率もいいのでは、と思うのだが、どうも実態は違うようなのだ。

おそらくは、「上手くカバーに出せるかどうか」というところが最大の焦点なのだろうと推察している。カバーに出せる業者は手数料(スプレッド)を収益源として、大口を優遇した方が儲かるだろうし、そうでない業者にとっては、大口は業者にとってリスクになるのだろう。

上手くカバーに出せるかどうかは、業者の「取引システム」にかかっていると思う。


~参考となる記事があったので、紹介しておく。

・ヒロセ通商さん システム開発にかける想い

会社のURLを貼っているだけなので、是非クリックして見ていただければ幸甚である。

私はヒロセ通商さんとJFXさんを「天使の業者」と呼んでいるが、この記事を拝読させていただき、天使の業者が天使の業者である所以が分かったような気がする。将来、日本で投資教育が盛んになり、投資をする人が増えれば、このような真っ当な業者の業績が益々伸びることは間違いないだろう。私はそう確信している。

今後も、ヒロセ通商さんとJFXさんとは、末永くお付き合いをさせていただければと思っているが、果たしてどうだろう?まずないと思うが、もし細合社長や小林社長がこの記事をご覧になられたとしたら、果たして何を思われるだろうか…。


~ここからは私の単なるFX業界に対する希望というかお願いになるが、各FX会社は、「うちでやってはいけないこと」を曖昧な表現ではなく、具体的にはっきりと明示してほしい。多分、そういったやり口があることを不特定多数の人に知られたくないという思いがあるのだろうが、もうそういう時代ではなくなったのではなかろうか。なぜかこの業界内だけで、「これは約款に書いちゃまずいでしょ?」みたいな風潮があるように思えてならない。

私は法律に基づいて、極めて合法的なことをやっていると認識している。何も業者に対して損失を与えたり嫌がらせをしたりしたい訳ではないから、業者側が「これはNO!」と言ってさえくれれば、あえてそれをその業者でやることは絶対にしない。自分で自分の首を絞めるようなことをするわけがなかろう。その点、先週警告メールを喰らった業者Xは具体的な数字を出してくれたからまだいい方。もっと情報をオープンにして欲しい。そして、開かれた明るいFX業界にして欲しい。このままでは、FX業界は犯罪の温床となり果ててしまう。

このまま業界が悪い方向に向かうなら、私はおそらく近い将来、FXからは第一線を退き、株の世界に参戦することになると思う。私だって人の子。嫌な思いはできる限りしたくはない。幸いここ数年で資金が増えたこともあり、選択の幅は数年前より広がったこともある。FXだけが投資の世界ではない。今はそう思って無様な自分を自分で慰めている。


~来週以降、このブログをどのような形で運営しているかもまだ整理がついていない。ちょっと疲れてしまった。

簡単ではあるが、今週のアウトウィットストラテジー(OS)での戦績(キャッシュバックの見込みを含む損益)のみアップしておく。

 8日(月)      ±0円 稼働1h
 9日(火)    +500円 稼働1h
10日(水)  +17500円 稼働3h
11日(木)  +19500円 稼働4h
12日(金)   +7333円 稼働2h

こんな収益で警告メールだの新規建玉機能制限だの、ちょっと情けないというか、それほどこの手の手法が横行しているのかどうかは分からないが、以前にも記載した通り、複利で運用した場合を想像すると、システムが脆弱と推察される業者にとっては脅威以外の何物でもないのだろう。

その他、今週は株で売却益が発生しているが、また機会があったらご報告させていただく。

210213_0339_01.jpg

~JFXさんから、楽しみにしていた1月グルメキャンペーンの商品が届いた。

210213_0342_01.jpg

今回はイタリアングルメ。個人、法人合わせて32人前のパスタをゲット。

210213_0350_01.jpg

やはりヒロセ通商さんのパスタとは違っていて、JFXさんならではの拘りを感じる。

210213_0347_01.jpg

1月は福袋もゲット。金沢カレーは超レアなご当地カレーだ。実にありがたい。


~最近になってようやくツイッターの活用法が分かってきて、小林社長からもちょくちょくリツイートをしていただけるようになった。私はパチンコライターあがりなので、心の師匠は故田山幸憲プロだが、実践(スキャルピング)の師匠は小林社長であることは言うまでもない。仲値トレードを教わった時のヒロセ通商さんのプレミアム反省会の記憶は、今でもはっきりと覚えている。

2016年7月 ヒロセ通商さん「プレミアム反省会」

ヒロセ通商さんとJFXさんには多大なる恩を感じているので、両社にとって不利益になる存在にだけは絶対になりたくない!

2017年5月のプレミアム反省会の場では、

「自動売買はダメなんですけど、手動でのスキャルピングはOKです。」

と小林社長直々にお返事をいただいているし、2020年8月のプレミアム反省会では、ヒロセ通商さんの社員Mさんからも、

「そうですねぇ…(苦笑)、○○○〇は…まぁ…我々(ヒロセ通商)は、小さい注文は皆さんの注文をまとめてカバーに出すということはあるんですが、我々はお客さんの注文はカバーに出してますので、お客さんにどんどんトレードしてもらうことて初めて利益が出るんです。ですので、しんさんのお気遣いはとてもありがたいですけど、我々は大丈夫ですので、どんどんやってもらって構いませんよ(笑)。」

とも返事をもらっているので、その言葉を信頼してこれまで取引させてもらっている。そして、その言葉通り、両社から裏切られてはいない!これほど信頼できるFX業者が他にあるかっ!?


~来週からはまたぞろ戦略を変更して臨む必要があるが、具体的なイメージはまだ湧いていない。とにかく、こういう時は情報収集が重要。いかなる状況に陥っても、七転び八起きで頑張っていきたいと思う。まずは業者Yからお金を取り戻すことが先決だ。

コメント

非公開コメント

しん



初めまして。「しん」と申します。
兼業トレーダーです。
パチンコライター⇒小学校教員⇒教育業界にて独立開業、現在に至ります。

※タイトル下にあります書き出し文について

田山ファンの方々におかれましては、ご気分を害された方がおられるのではないかと思います。誠に申し訳ございません。

故田山幸憲プロは、私のパチンコスタイル、さらにはFXでのトレードスタイルにおいて多大なる影響を受けた方の1人で、今でも心の師匠として生き続けており、憧れの存在でもあります。田山プロの境地に立てるよう、日々精進を続けていますので、何卒ご容赦くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


〇学歴
・大阪教育大学教育学部 卒業

〇卒業論文
・ピアノ演奏
 ショパンポロネーズ作品No.40-1

〇資格
・小学校第一種免許
・学校図書館司書教諭
・日商簿記2級
・税理士科目(簿記論、財務諸表論)
・普通自動車運転免許


〇趣味
将棋(アマ四段)
ソフトテニス
ブログ巡り
株主優待の有効活用法を考える、など

日々のつぶやき(ツイッター)

管理人「しん」のオススメFX業者

JFXさん ------ ヒロセ通商さん FX取引ならヒロセ通商へ

応援いただき、ありがとうございます♪

よろしければ、ポチっとお願いしますm(__)mーーーーーー にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村ーーーーーー にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村ーーーーーー にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村ーーーーーー にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村ーーーーーー

メールでのお問い合わせはこちら♪

「俺にも手法を教えろ!」といったご要望やご質問などございましたら、ご遠慮なくお申し出ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

相互リンク募集中♪(リンクフリー)

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

現在の閲覧者数: