■FC2カウンター

■特典付!レジスタンストレードメソッド (RTM)のご購入はこちら♪

2015年 +48490pips(確定)---- 2016年 +51521pips(確定)---- 2017年 +31263pips(確定)---- 2018年 +31724pips(確定)---- 2019年 +12865pips(6月22日現在)- アウトウィットストラテジー(OS1~OS7) +11711973円 204勝1分1敗ーーーー(勝率99.0%)ー〇〇〇〇〇〇〇〇〇 私しんからの直接購入をご検討いただける方は、お手数ですが、「ブログを見ました!」と一言添えて、この下にあります「メールでのお問い合わせはこちら♪」よりご連絡ください。原則24時間以内にご返信をさせていただきます。                                     ブログをいつもご高覧いただいている方への特典として、特別価格にてご奉仕させていただきます。(銀行振込のみの対応となります。ご了承ください。)無料サポート期間は原則ご購入月の翌月1日から起算して3か月間となります。

■応援いただき、ありがとうございます♪

にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村 〇〇〇〇〇〇〇〇〇
オリジナル手法ランキング ←よろしければ、ポチっとお願いしますm(__)m

■無料PDF「勝ち組への道 知識ゼロからのステップアップ」はこちら♪

「特典付!FXレジスタンストレードメソッド(RTM)(FX自分年金型積立手法+90日間無料サポート)」2017年11月の特典として配布させていただいたものになります。無料ですので、もしよろしけばご参考くださいませ。

■カテゴリー
■メールでのお問い合わせはこちら♪

レジスタンストレードメソッド(RTM)、アウトウィットストラテジー(OS)に対するご質問や、投資関連コンサルティング、セミナー、取材などのご依頼も、ご遠慮なくお申し出ください。柔軟に対応させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

■相互リンク募集中♪(リンクフリーです!)

このブログをリンクに追加する

■ブロとも申請フォーム
■プロフィール

しん

  • Author:しん



  • 元小学校教員のしんと言います。よろしくお願いします。

    好きな女優 昔は水野真紀さんだった時期がある。今は吉瀬美智子さん。昔は年上好みだったが、次第に年下好みに変わり、今は同じぐらいの年齢がやっぱり一番落ち着くかな、という感じがしている。
    過去に似ていると言われた有名人 加勢大周、上原浩治、柳葉敏郎、桂歌丸、ビビビのねずみ男
    大学の卒業論文はピアノ演奏、ショパンポロネーズ作品No.40-1(一般に軍隊ポロネーズと呼ばれている。英雄ポロネーズは有名だが、こちらはちょっとマニアック。ていうか、簡単。)
    座右の銘 裁量こそ最良の売買システム
    持っている資格 小学校第一種免許、学校図書館司書教諭、税理士科目(簿記論、財務諸表論)
    趣味 ソフトテニス(中、高、大とやってました。)将棋(アマ4段の免状あり。)、インターネット、平日のワンコインランチ巡り、休日のB級グルメ巡り


■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■人気ページランキング

ブログパーツ

■逆アクセスランキング
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

■月別アーカイブ

勝ち組に回るための脱皮考 その26 フラッシュクラッシュについて。
〈RTM OS 先週の戦績は、5つ下の記事にアップしています〉

皆様、こんばんはm(__)m

結局、正月3ヶ日は寝正月だったのですが、今朝(正確には昨日早朝)の円絡みの売り仕掛けがありましたね…。

アウトウィットストラテジー(OS)は、このような相場でも、本日実は利益を確定させています。(たいした利益ではありませんが^^;)

詳細はRTMコミュニティー内「OSの研究所」にトレード内容をアップしていますので、RTMのご購入者様におかれましては、ご参考になさっていただけましたら幸いです。

ブログをご高覧いただいている皆様には、いつも通り週末にご報告をさせていただきますので、今しばらくお待ちください。

さて、不定期連載をしております、「勝ち組に回るための脱皮考」シリーズですが、今回はこのようなご時世ですので、「フラッシュクラッシュ」について、私の現状の思うところを書き留めておきたいと思います。

ご興味がお有りの方は続きをご高覧ください。


←よろしければ、ポチっとお願いしますm(__)m

昨今は年に数回程度、「フラッシュクラッシュ」と呼ばれる値動きが各市場で見られるようになってきました。この値動きが起こる背景には投機筋による売買、特にアルゴリズム売買の影響が指摘されていますが、今回のように、その背景には東京市場が休場、薄いオセアニアの時間帯などの「薄商い」が絡んでいることも多いです。市場でアルゴリズム売買の比率が上がる時に、このような値動きが見られる傾向にあると言われています。

このような下げを見ますと、「あぁ~、やっぱりなぁ…。」と思うわけですが、いつも慣れ親しんでいる思考や手法では、フラッシュクラッシュ相場に狙い定めてお金を掠め取ることは難しいのではないかと思います。(結果的に取れることはあるかと思います。)

今の私の考えですが、フラッシュクラッシュ相場は、時間的概念での割合で言えば現状1%未満の「荒れ相場」「イレギュラー相場」「異常相場」とみなすことができますので、異常時にあえて利益を追求することはせず、99%以上を占める通常時。正常時の相場でコツコツと利益を上げていきたいと思っています。従いまして、フラッシュクラッシュ相場は私の土俵ではないので、基本「見」(ケン)です。

これまでも何度か触れています通り、私は元パチンコライターですので、パチンコで勝つために必要な「期待値」に基づく勝ち方がFXでもベースとなっていまして、パチンコでの勝ち方に置き換えて考えることが多いのですが、例えば日当3万円の台を打っているとするならば、期待値どおりの結果が出続けることが一番満足のいく結果です。日当3万円の台から10万円の大勝ち、運勝ちは決して望まないのがパチンコで生計を立てている者ならごく普通の感覚で、石橋達也氏が提唱した「ボーダー理論」に基づく正攻法の勝ち方を理解できる方であれば、自称パチプロでなくとも、この感覚はお分かりいただけかもしれませんが、博打の感覚が染み付いている方には、この感覚は理解しがたい感覚かもしれません。

蛇足ですが、私が憧れていたパチプロさんは石橋達也氏ではなく、故田山幸憲氏ですので誤解のなきよう(笑)。

しかし、確率とは非情なものですので、時に法外な悪い結果をもたらすこともあります。そのような時、カイジの名言のように、「強運なんかじゃ…なくていいっ…!奇跡もいらないっ…!平運っ…!起こってくれよっ…!オレにごく普通の現象…確率…!」と思うこともあります(苦笑)。でも、「祈るようになったら人間も終わり」という兵藤会長の名言もありますので(笑)、結果は淡々と受け入れていくしかありません。

話をFXに戻しますと、今回のフラッシュクラッシュを狙い定めてモノにするためには、

1、投機筋の仕掛け情報を事前に入手する

2、フラッシュクラッシュが起こることを予想する

ことをしなければモノにできないと思います。

1は、一般人である私にとっては到底入手できない情報だろうと思いますし、入手しようとすれば高額のお金を騙し取られるのがオチだろうと思います。

2は、トレードではなく博打になりますので、勝つ時もあれば、負ける時もあります。私には博才はありませんので、長期的に見て良い結果になるとは思えません。

事実に基づいて予測し、傾向をトレードしていくことは、通常時、正常時の相場であれば有効な手段の1つですが、フラッシュクラッシュによる値動きはテクニカル指標が機能しにくい異常相場ですので、予測の範囲を大きく超えていることが多いです。ですので、予測に基づいてフラッシュクラッシュの値動きを捉えるのは極めて難しいと言わざるを得ません。

大きなリターンを求めるということは、それなりのリスクを伴いますので、普段より大きなリスクを冒してまで「異常相場」を取りにいくことが自分にとって絶対に必要なことか…ということをよく考えなければならないと思います。

おそらく下げるだろう…というだけでは予測ではなく単なる予想で、例えば年末年始のドル円ですと、

・年末から高値を切り下げ、安値も切り下げているし、レンジ下限をブレイクしてきたので、方向は下。

というのは事実に基づく予測ですが、

・下げはそれほど急激なものではないので、ストップを巻き込んだというよりは、投機筋が密かにショートポジションを仕込んでいるのが主な原因ではないか…

・あらかじめ仕込まれているとするならば、年始は3日まで東京が休場なので、ここらでストップ狩り(売り仕掛け)があるかも…

というのは事実に基づく予測も入っていますが、予想も混在しており、確信は得られません。

確信が得られませんし、マイルールに基づくトレードではありませんので、私の場合は売ろうという結論にはならず、「ポジションをいつもより軽くしておこう」「ストップを浅目に入れておこう」といった異常相場に突入してしまった場合に備えて守る思考になります。そして、いざ異常相場に突入したら手を出さず、通常相場に戻るのを待って本格的にトレードを再開する…といった思考をしています。

逆に、フラッシュクラッシュ相場をとても得意とされておられるトレーダーも少なからずおられ、そのような方々は「スーパートレーダー」として崇拝される傾向があります。私も、すごいなぁ…と感心します。でも、私とは戦う土俵が違いますし、私が真似をしようとしても無理なんですよね…^^;下手に手を出すと大やけどをして後悔するのがオチだろうと思っています。

このような思考が皆様にとってプラスになるかどうかは分かりませんが、もし皆様が「自分は天才ではなく凡人である」という自覚をお持ちでいらっしゃいましたら、異常相場での大儲けは狙わない方が無難です。まずは通常相場で利益を上げるための思考、手法、資金管理などの確立を優先するべきではないかと思います。

「あの時売っておけばなぁ…」というのは後から分かることで、後講釈は簡単です。

普段機能している優位性のある手法は、あくまでも通常相場で優位性があるわけであって、その手法を異常相場で採用しても、ボラに振り回されて後手後手に回る可能性が高いです。アルゴのように超高速で予測できる方であれば別でしょうが…。将棋やチェスにおいては、すでにプロでもAIに勝てない時代に突入しています。私はアルゴリズム売買に対抗できる自信は全くないです。

あくまでもご参考までに。

最後までご高覧いただき、誠にありがとうございました。

テーマ:★FXのスキャルピング&デイトレ★ - ジャンル:株式・投資・マネー

勝ち組に回るための脱皮考 | 00:18:13 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad