■FC2カウンター

■特典付!レジスタンストレードメソッド (RTM)のご購入はこちら♪

2015年 +48490pips(確定)---- 2016年 +51521pips(確定)---- 2017年 +31263pips(確定)---- 2018年 +31724pips(確定)---- 2019年 +13758pips(7月20日現在)- アウトウィットストラテジー(OS1~OS8) +13278182円 214勝1分1敗ーーーー(勝率99.1%)ー〇〇〇〇〇〇〇〇〇 私しんからの直接購入をご検討いただける方は、お手数ですが、「ブログを見ました!」と一言添えて、この下にあります「メールでのお問い合わせはこちら♪」よりご連絡ください。原則24時間以内にご返信をさせていただきます。                                     ブログをいつもご高覧いただいている方への特典として、特別価格にてご奉仕させていただきます。(銀行振込のみの対応となります。ご了承ください。)無料サポート期間は原則ご購入月の翌月1日から起算して3か月間となります。

■応援いただき、ありがとうございます♪

にほんブログ村 為替ブログ FX オリジナル手法へ
にほんブログ村 〇〇〇〇〇〇〇〇〇
オリジナル手法ランキング ←よろしければ、ポチっとお願いしますm(__)m

■無料PDF「勝ち組への道 知識ゼロからのステップアップ」はこちら♪

「特典付!FXレジスタンストレードメソッド(RTM)(FX自分年金型積立手法+90日間無料サポート)」2017年11月の特典として配布させていただいたものになります。無料ですので、もしよろしけばご参考くださいませ。

■カテゴリー
■メールでのお問い合わせはこちら♪

レジスタンストレードメソッド(RTM)、アウトウィットストラテジー(OS)に対するご質問や、投資関連コンサルティング、セミナー、取材などのご依頼も、ご遠慮なくお申し出ください。柔軟に対応させていただきます。

名前:
メール:
件名:
本文:

■相互リンク募集中♪(リンクフリーです!)

このブログをリンクに追加する

■ブロとも申請フォーム
■プロフィール

しん

  • Author:しん



  • 元小学校教員のしんと言います。よろしくお願いします。

    好きな女優 昔は水野真紀さんだった時期がある。今は吉瀬美智子さん。昔は年上好みだったが、次第に年下好みに変わり、今は同じぐらいの年齢がやっぱり一番落ち着くかな、という感じがしている。
    過去に似ていると言われた有名人 加勢大周、上原浩治、柳葉敏郎、桂歌丸、ビビビのねずみ男
    大学の卒業論文はピアノ演奏、ショパンポロネーズ作品No.40-1(一般に軍隊ポロネーズと呼ばれている。英雄ポロネーズは有名だが、こちらはちょっとマニアック。ていうか、簡単。)
    座右の銘 裁量こそ最良の売買システム
    持っている資格 小学校第一種免許、学校図書館司書教諭、税理士科目(簿記論、財務諸表論)
    趣味 ソフトテニス(中、高、大とやってました。)将棋(アマ4段の免状あり。)、インターネット、平日のワンコインランチ巡り、休日のB級グルメ巡り


■最近の記事
■最近のコメント
■ブログ内検索

■人気ページランキング

ブログパーツ

■逆アクセスランキング
■RSSリンクの表示
■QRコード

QR

■月別アーカイブ

くりっく365がメキシコペソ円の取り扱いを開始。メキシコは投資対象になるか?
〈RTM 先週の戦績は、3つ下の記事にアップしています〉

皆様、こんばんは^^

今週の土日は、「メキシコペソ」について、真面目に調べていました。

私はFXでのスキャルピングのような投機もやりますが、メインとしているのは投資で、不動産、日本株、外貨などに投資していまして、外貨では今のところ米ドルと豪ドルに投資をしています。

新興国通貨は、トルコリラ、南アフリカランド、ポーランドズロチなど様々な通貨がありますが、最近になってメキシコペソの取引環境が急激に良くなってきました。

ちょっと古い資料なのですが、メキシコ合衆国については下記のPDFが大変参考になりましたので、皆様にもご紹介をさせていただきます。

http://www.fxmuseum.jp/data/news/img/622_k45dce158a6343.pdf

メキシコの歴史を振り返ってみますと、やはり投資対象としてはまだちょっと早いかな…という心象は否めないのですが、豪州でも過去にはインフレで苦しんでいた時期があるぐらいですし、上記に挙げました新興国通貨の中では、実は信頼性が高い通貨なのではないか、ということが分かってきまして、投資対象となり得るか検討をしているところです。

私的に気になっているのは、現在マネーパートナーズやIG証券などが提供しているメキシコペソ円のスワップ水準です。

私はマネーパートナーズに口座を持っていまして、代用有価証券制度を活用してFXの証拠金として活用することもありますので、マネーパートナーズがメキシコペソを導入した頃から推移を見守っているのですが、取扱開始以来、ロングポジションを1万通貨保有した場合のスワップが15円固定で提供されているんですよね…。

1万通貨辺り15円というスワップは、政策金利と比較しますと、ちょっと高すぎる水準だとは思われませんでしょうか…。

メキシコ政策金利2

メキシコ政策金利1

メキシコ中央銀行のサイトを翻訳ソフトも使用してあちこち調べてみたのですが、10月現在のメキシコの政策金利はやはり7.00%のようで、トルコ中銀の後期流動性貸出金利に相当するような金利の存在もなさそうなので、やはりスワップの基準となる金利は政策金利または翌日物金利がベースとなっているように思われます。(間違ってましたら、ご指摘いただければ幸甚です。)

スワップ金利の水準が7.00%だとしますと、仮にメキシコペソ円のレートが、分かりやすい数字を適用して@6.0円だとしますと、メキシコペソ円を1万通貨買った場合のスワップは、

6.0円×1万通貨=6万円
6万円×7.0%=4200円(1年間で得られるスワップ)
4200円÷365日≒11.5円(1日で得られるスワップ)

となりますので、1万通貨あたりですと、せいぜい11円程度つけば御の字という感じがします。

ですので、1万通貨あたり15円という水準は、年利に換算すると約9.1%となりますから、仮に政策金利が7.0%で継続されたとしても、どう考えてもこの水準が続くとは思えないのですよね…。

同じようでも、トルコリラのスワップは政策金利ではなく、「後期流動性貸出金利」がベースとなっていると推察されますので、1万通貨あたり95円程度のスワップなら、ギリギリ納得できる水準なのですよね…。それ以上つくスワップは、もしかするとFX業者が独自に提供している(のんでいる)のかもしれません。その場合のFX業者の狙いは、もちろん、急落に便乗した「ロングポジションのストップ狩り」だと推察されます。新興国通貨は突如として急落することがあります。特に日本の祝日は狙われる傾向がありますよね…。

マネーパートナーズのPFXでは、豪ドル円などもメキシコペソ円の取り扱いが開始された当初は40円程度のスワップが提供されていましたので注目していたのですが、現在は20円を下回る水準になってきて、やはりというか、以前の水準に戻りつつあります。私的にはマネーパートナーズのスワップ水準は、これまでの傾向からいって数か月は様子を見ないと信用ができないのですが、どうやらトルコリラやメキシコペソのような新興国通貨のスワップ水準は高めの水準を維持して、他社との競争に参加している感じがします。(今のところはですが…。)

メキシコペソは最近レートが下がってきていますので、このスワップ水準が維持されるかどうかが注目されます。

くりっく365 メキシコペソ円

まぁ、現在の政策金利であれば、1万通貨あたり11円程度のスワップなら見込んでも良そうな感じですし、くりっく365が本日からメキシコペソ円の取り扱いを開始しましたから、くりっく365のスワップ水準が同水準で提供されるのであれば、現在のスワップ水準も何らかの根拠があるものと推察されるのですけどね…。

メキシコペソ円 スプレッド

メキシコペソ円 スワップ

早速くりっく365の取引画面を開けて確認しましたところ、スプレッドは0.5pipsで同程度、1万通貨あたりのスワップは11円~13円程度となっています。くりっく365は相変わらずスワップ3倍デーは高めのスワップがつく傾向にありますね。やはり、翌日物金利を基準にしますと、これが妥当なところというか、これでも高水準なのではないでしょうか。くりっく365は取引所取引ですので、このスワップ水準は比較的信用して良いと思います。思っていたより高いスワップがつくようです。

政策金利については、かなり流動的な感じがしますので、今後レートが上昇するようなことがあれば、3%以下になることも想定しておく必要がありそうですが、逆に下落リスクについては、通貨防衛のために、事前に金利を上昇させている動向も確認できますので、トルコやランドよりは安定しているかもしれません。といっても、直近の下落だけでも対円で7%程度下落しているのですけどね…。

それと、国の信用度の目安として私が活用している「国債」の格付けという観点では、メキシコ国債の格付けは、BBB+ということで、過去の傾向から見ても段々良くなってきていますし、新興国の中では、ポーランドズロチと同程度の水準で、なかなかの高水準だと思っています。アメリカとの今後の関係は懸念材料の1つですが、人口規模もそこそこ、資源国でもありますし、トルコよりは政治が安定しているように思いますので、どこか新興国通貨に投資するとすれば、メキシコペソを選択してみたい感じがします。

くりっく365のスワップ水準を確認し、レートの推移も見ながら、自分の中で納得ができれば、近い将来メキシコペソに投資を開始するかもしれません。メキシコペソは1万通貨=約6万円ですから、レバ1でも十分投資できるレベルです。まずは値動きを感じるために、少額から始めることを検討しています。

もしメキシコペソへの投資を開始しましたら、ブログでも経過報告をしていきたいと思います。


←よろしければ、ポチっとお願いしますm(__)m

テーマ:スワップ金利で生活! - ジャンル:株式・投資・マネー

FX | 00:30:45 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad